FC2ブログ
2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.16 (Tue)

マンドリンの将来

定期演奏会まで2ヶ月足らずになりました。いつも大勢のお客様に聴きに来ていただいただいているのですが、
マンドリンのコンサートと聞いて興味を持ってもらえるのは、熟年世代の人、それも女性が大半です。
この傾向は他の社会人団体のマンドリンコンサートやブロのマンドリニストのコンサートを聴きに行っても感じられることです。
現在、大学のマンドリンクラブも加入する部員が少なく単独で演奏会を開けない大学もあるようです。
演奏者の方も高齢化が進んでいて、マンドリン音楽の将来が心配です。
「マンドリン」と聞いてどんな形をしていてどんな音がするのかを知らない人も多数いるはずです。
東京や大阪の大都市でもマンドリン専門店に行かないと普通の楽器店ではマンドリンを見ることができません。
テレビなどでもマンドリンの演奏が放送されることもほとんどありません。
このような現状をなんとかしたいとマンドリンに関わっている人は思っているはずです。
なんといっても、今の若い人に関心をもってもらい、弾く人を一人でも多く作ることが急務になると思います。
プロもアマも子供向け、若者向けのコンサートを計画し、学校に出向いて演奏活動をすることにより、
マンドリンの魅力を体験してもらうことが大切だと思います。
私たちの合奏団も昨年、小学校へ出向いてコンサートを行い、マンドリン音楽を喜んで聴いてもらえました。
いろいろと障害もあるでしょうが、地道な活動がマンドリン音楽の未来を明るくするのではないでしょうか。

                                 Cittadino#
23:55  |  日常  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.16 (Tue)

60秒を数える

これから、みんな目をつむって60秒数えてみよう…「よーいドン!!!」心の中で『1.2.3...31.32.33...あれ?今なんカウント目?・・・41かな・・・51かな・・・まいっか、46にしておこう・・・』と思ったところで、「みんなカウントが遅い」とSくん。「そうなんです。人間は感覚で数えると大体遅くなるのが普通です。遅くなると意識してください。60秒を誤差5秒くらいでカウントできるようになると、完璧だよ。そうなると合奏中のスピード違反も、遅刻もなくなるよ」と笑顔のSくん。Bくんは指揮者の経験があり、5秒遅れでカウント終了!「すごい!!!」私も頑張ろう・・・でもその前に、ちゃんと数を数えられるようにならなくては・・・ cittadino♪
22:57  |  日常  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.01 (Mon)

『師曰く、少年老い易く学成り難し』

若いうちはまだまだ先があると思って勉強に必死になれないが、すぐに年月過ぎて年をとり、何も学べないうちに終わってしまう、だから若いうちから勉学に励まなければならないという意味の言葉です。
 戸籍年齢は若くないですが、マンドリンの経験年数で言えば少年(?)の域にある今、もっと貪欲にもっと積極的に情報を収集し知識を増やし、経験(練習)を重ねることが上達への道ではないかと考えます。
初心にかえり、楽器の構え方、ピックの持ち方等、ひとつずつの動作を確認しながらやっと音を出す動作に辿り着き、また元に戻り一からひとつずつ確認しながら音を出す作業にたどり着く…
「神は乗り越えられる試練しか与えない・・・」を思いながら、トレモロのができないもどかしさと日々戦っています。
仕事と違って、楽しく充実した試練です♪          Cittadino1970
13:42  |  格言  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |